前の記事 TOP 次の記事

2011年04月25日

柏・金町放射線スポット説その2

まずはこのページをご覧下さい。

mikara_4024.gif
http://bit.ly/fVWFC3

「みんから」という自動車を主な話題をしたSNSの記事ですが、全文を引用します。

ホットスポット?千葉県柏市で空間線量0.4μSv/h以上が続いている

国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)敷地内における放射線の測定結果が3月22日以降周囲より高いままだ。

敷地内Bの値が22日に0.71μSv/hを記録し、以降下がってきているが0.4μSv/hを上回っている。測定ミスなどがない限り、前橋市、宇都宮市、さいたま市や千葉市などと比較して一桁高い。同地域は高濃度のホットスポットになっている可能性がある。同じ柏市の東大柏キャンパスでも値が高い(以前から高いことが言われていたが敷石の影響で通常0.1μSv/hと高めでその影響が強いとも言われていた。だが、国立がんセンターの計測値が22日以降高いことで同地域が高めであることが裏付けられた恰好)。

以前小松菜と水道水の値から江戸川区と江戸川上流がホットスポットになっている可能性をブログで取り上げたが、同じ領域かも知れない。他の地域にもそのようなホットスポットが生じている可能性がある。広域な調査が必要である。」

http://bit.ly/fVWFC3


これは以前から考えていました。柏の場合東大柏キャンパスとがんセンター東病院が比較的正確な数字を公表し続けていてくれたおかげで放射線量の上昇をすぐに確認できましたが、測定施設がないエリアなどでは柏や松戸のような数値の変化が分からないだけ、という可能性もあります。

これは先に報道された、「政府が公表を見合わせたSPEEDIの画像」だそうです。

speedi.gif

現状を考えるとかなり正確な気がします。千葉県北西部が放射能で汚染されたことも、これを見れば理解しやすいですね。少なくとも放射線量は単純に距離には比例しないようです。だとしたら、わざわざ「ホットスポット」と言う言葉を使う必要すらないのかもしれません。

放射能汚染のホットスポットがあるとして、それが柏・松戸エリアに限定される可能性は少ないのではないでしょうか?ガイガーカウンターが行き渡るにつれ、そのようなエリアがこれからも見つかってくる気がします。

     にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ にほんブログ村 環境ブログ 環境情報へ 人気ブログランキングへ

↑クリック拡散お願いいたします↑


posted by geiger at 18:41 | 記録・その他