Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
現在の松戸市の放射線量(utuno_jcpさん)

Live Video streaming by Ustream

2011年04月16日

ガイガーカウンターDP802iを作っている会社

前回上海の商社から発送されているらしいと分かったDP802iですが、どうやらここで製造されているようです。

yushiHT_01.gif

yushiHT_02.gif

トップページには、"YUSHI HIGH TECHNOLOGY LIMITED has devoted herself to the researching, engineering, and manufacturing facility to provide the best nondestructive testing solutions and products for material measuring and analysis. Globle Source for Ultrasonic Thickness Gauge, Ultrasonic Flaw Detector, Nondestructive Testing Supplies, Nondestructive Testing Consulting and Nondestructive Testing Services.......

YUSHI HIGH TECHNOLOTY LIMITED is a leading supplier of NDT instruments and measuring systems. We offer a full solutions from design, manufacture, installing service to custom made NDT systems in non-destructive instruments, quality control, and material flaw detection and evaluation fields.
Our production base is located in North China founded in 1985,a privately owned corporation dedicated to manufactuer excellence instruments ,including X-ray flaw detectors,ultrasonic flaw detectors, coating penetrating thickness tester, extra accurate ultrasonic thickness tester, black and white densimeter, and green light source high-brightness film viewing illuminator ,portable hardness testers and so on.Our products have been known for many years in china for our unique design, excellent quality, and after-sales service."
とありました。

1985年から中国北部で非破壊検査器具などを生産していて、少なくとも今回の放射線事故を受けて立ち上げた会社ではなさそうです。


     にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ にほんブログ村 環境ブログ 環境情報へ 人気ブログランキングへ

↑クリック拡散お願いいたします↑

タグ:DP802i
posted by geiger at 13:37| 記録・その他

2011年04月15日

ガイガーカウンター DP802i到着

注文していた中国製ガイガーカウンターDP-802iが到着しました。

発送は予定日より12日遅れ。電話の対応も良くなくメールを入れても返事すらしない業者でしたが、さすがに商品を送らないまでではありませんでした。日頃雑貨なとを取り扱っているのに、ここぞとばかりにガイガーカウンターを扱っている業者ですが、まぁよしとします。早速製品について紹介しようと思ったところ、既にYoutubeに紹介や操作方法等をアップロードしていた方がいました。


DP-802i操作方法


DP802i分解動画


DP802i測定テスト

電源投入時の値は0.12μSv/h。窓際やもっとも窓から遠いキッチン(我が家は集合住宅です)などを移動すると、値は0.08-0.21μSv/h。山賽モノ(いわゆるパチモノ)天国である中国製ですから、測定された数値が信頼できる保証はありません。ガイガー=ミュラー計数管が一つしかないのにレンジが広いのは、それだけ精度にが低いということでもあります。今の時点では放射線量の変化をとらえることができる程度と考えておきましょう。

ちなみにこのガイガーカウンターを扱っているのは、Shanghai Ergonomics Detecting Instrument 社となっていますが、googleで検索してもヒットしません。代わりにDP802iで検索したら、それらしい会社のサイトが見あたりました。

dp802i.gif

会社のURLが http://www.dp802i.com/ である時点で、DP802iを売るためだけの山賽モノ輸出業者である印象を受けます。更に、会社の住所を見てみると、上海市浦东新区商城路1986号7楼とありました。

dp802i_2.gif

どこだろうとGoogle Mapを見ると、


大きな地図で見る


大きな地図で見る


大きな地図で見る


少なくとも歴史の古い巨大企業ではないですね。

ともあれ現時点で私が入手できた唯一のガイガーカウンター、同じ物を上の動画を作られた方も「とりあえずガイガーカウンターとしてちゃんと機能していることはわかりました」と書いてある程度のものですが、数値が正確かどうかはともあれ、多分放射線は測定できそうです。

安定するまでしばらくこのまま電源を入れ続けてみます。明日は土曜日、柏・松戸のあちこちでDP-802iによる放射線量を測定してみます。

     にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ にほんブログ村 環境ブログ 環境情報へ 人気ブログランキングへ

↑クリック拡散お願いいたします↑

タグ:DP802i
posted by geiger at 21:22| 記録・その他

2011年04月14日

仏企業、放射線計測器を日本で発売 価格は2万円未満

french_giefer_01.gif

仏企業、放射線計測器を日本で発売 価格は2万円未満

日本経済新聞のこの記事によると、フランスの企業がガイガーカウンターを2万円以下で販売するようです。


「仏企業、放射線計測器を日本で発売 価格は2万円未満(日本経済新聞 電子版)
2011/4/11 19:40

 仏計測器メーカーのナノセンス社(ブーローニュ市、オリヴィエ・マルティモール社長)は11日、一般消費者向けの放射線計測器「ガイガーカウンター」を日本で発売すると発表した。

 東京電力の福島第1原子力発電所の事故を受け、身の回りの放射線を測定したいという需要に対応。装置の表示や説明書を日本語版に改めた。価格は2万円未満とし、数週間以内に出荷する。大手家電量販店などを通じて販売するとみられる。」

引用元リンク(短縮) http://s.nikkei.com/h8Nfw6

噂によると、この製品はRadex社のRD1503ではないかの説も…。

radex 2.gif

だとしたら最大9.99μSv/hまでの測定しかできないことになりますが、首都圏で放射線量を知るにはそれなりに使える気がします。Radexはロシアが本家の会社ですが、放射線測定器としてはそれなりに認知度の高いブランドなので、本当ならうれしいことです。

大気中の放射線濃度が9.99μSv/hを超えたら、避難以外に選択肢はありません。

     にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ にほんブログ村 環境ブログ 環境情報へ 人気ブログランキングへ

↑クリック拡散お願いいたします↑


posted by geiger at 21:57| 記録・その他