Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
現在の松戸市の放射線量(utuno_jcpさん)

Live Video streaming by Ustream

2011年04月18日

4月17日、柏市内の放射線量、東大柏キャンパス・がんセンター東病院にてDP802iを検証

 
4月17日日曜日、柏市内の放射線量です。

計測は地上約1メートル、中国YUSHI HIGH TECHNOLOGY LIMITED社のDP802iによるものです。エネルギー補償GM管によりβ線、γ線、x線を検出できますが、あくまで簡易測定機です。


11:24 国道16号、柏市大島田交差点付近、0.21μSv/h。
geiger_4017_02b.gif


11:32 国道16号/6号、柏市呼塚交差点付近、0.21μSv/h
geiger_4017_03b.gif


11:43 国道16号号、柏市若柴交差点付近、0.21μSv/h
geiger_4017_04b.gif



DP802iの信頼性を考証するため、精度の高い数値を公表していると思われる国立がんセンター東病院へ。

12:08 国立がんセンター東病院入口付近、0.40μSv/h
geiger_4017_05b.gif

12:10 国立がんセンター東病院入口付近、0.21μSv/h
geiger_4017_06b.gif


Dp802iの場合、僅かな時間差や距離、風などで、数値が大きく変動することがわかります。



同じく信頼性考証のため東京大学柏キャンパスへ。

12:25 東京大学柏キャンパス、0.46μSv/h
geiger_4017_07b.gif


12:32 東京大学柏キャンパス、0.21μSv/h
geiger_4017_08b.gif


12:35 東京大学柏キャンパス、0.59μSv/h
geiger_4017_09b.gif


12:?? 東京大学柏キャンパス敷地境界、0.71μSv/h
geiger_4017_10b.gif


12:?? 東京大学柏キャンパス、0.46μSv/h
geiger_4017_11b.gif


13:08 東京大学柏キャンパス、0.52μSv/h
geiger_4017_12b.gif


東京大学では比較的高い数値の画像が続きましたが、これは数値が上がった場合に撮影を行ったためで、多くの場所では0.2μSv/h前後でした。

ここでは電気自動車の研究もしているようです。

geiger_4017_13b.gif


東大柏キャンパス、国立がんセンター東病院などを含めた測定で、このDp802iが一応ガイガーカウンターとして機能しているであろうことが分かりました。


このあと、柏・松戸市内の多くの場所を走りその様子を動画で撮影したのですが、長時間撮影したためまだ動画の変換が終わっていません。試し撮りした、柏市松ヶ崎付近での短い動画のエンコードは終了しているので、ここで紹介しておきます。




今日撮影したルートは、国道16号柏市松ヶ崎ジャスコ付近 - 呼塚交差点前 - レイソルスタジアム前 - 名戸ヶ谷 - 松戸市金ヶ作 - 八柱駅付近 - 常盤平支所付近 - 五香駅付近 - 柏市大島田交差点 - 国道16号柏トンネル付近、の全行程です。

あまりに長時間の動画(1時間以上?)になるため、分割してアップロードする必要がありそうです。

     にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ にほんブログ村 環境ブログ 環境情報へ 人気ブログランキングへ

↑クリック拡散お願いいたします↑



タグ: 放射線
posted by geiger at 00:14| 記録・その他

2011年04月16日

4月18日の放射線拡散予測シミュレーション

rad_sim_418.gif

4月16日03:00(UTC)に分析された、4月18日18:00(UTC)時点での放射線拡散予測図です。
http://bit.ly/eZd9oQ

このブログの左側にもリンクしたノルウェー気象研究所による計算です。予測はあくまで計算上の数値ですし、どんな変数を使っているのかも分かりません。また以前にも本州の多くのエリアに拡散する予測が何度か出ていますが、極端な放射線量の増加は観測されませんでした。

ですから「何があってもこの日は外出しない」などと考えるのはお勧めしません。「そういえばノルウェーの予測だと、18日は拡散量が多そうだったな」と記憶にとどめ、実際に観測数値に変化があったかどうかをいつもより気にする、くらいが適切な気がします。

ちなみUTCとは協定世界時を意味し、日本時間とは9時間の時差があります。(日本時間/JSTが9時間早くなります)

例えばUTCの20:00は、日本時間では11:00ということになりますね。


<追記>4.20 21:00の拡散予測では千葉が真っ赤です。日本時間では正午になります。

20chibaradsim.gif


     にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ にほんブログ村 環境ブログ 環境情報へ 人気ブログランキングへ

↑クリック拡散お願いいたします↑

posted by geiger at 21:56| 記録・その他

文科省が20キロ圏外の積算線量公表 浪江町で1万5630マイクロシーベルト

170000.gif
http://bit.ly/gRX9R1

以下当該記事からの引用です。

文科省が20キロ圏外の積算線量公表 浪江町で1万5630マイクロシーベルト

2011.4.13 23:46文部科学省は13日、福島第1原発から20キロ圏外の12日までの積算放射線量が、福島県浪江町で最高1万5630マイクロシーベルトに達したなどとする測定結果を公表した。前回11日の計測から0・2〜21・5マイクロシーベルト増えた。

 3月23日以降、各地に簡易型線量計(ポケット線量計)を設置して定期的に計測。同省ホームページで毎日公表している。結果からは、これまで各種の測定で示されている通り、同原発の北西側で高い放射線量が検出された。

福島県各地の主な積算線量は次の通り。
【浪江町赤宇木手七郎】1万5630マイクロシーベルト(3月23日〜4月12日)
【飯館村長泥】9082マイクロシーベルト(同)
【いわき市四倉町白岩保木田】261マイクロシーベルト(3月31日〜4月12日)
【南相馬市鹿島区寺内本屋敷】453マイクロシーベルト(3月23日〜4月12日)

http://bit.ly/gRX9R1

ちなみに文部科学省の日常生活と放射線というイラストはこちら。

170000_2.gif



ニュースの測定数値は21日間の累計で、ざっと計算すると年間被曝量は約17倍ということになります。

更にはこれは23日からの累積数値で、震災のあった11日から22日までの被曝量は計算されていません。


排出される放射線の量が測定期間と同じという前提での計算ですが、浪江町赤宇木手七郎の場合、発表数値を3週間分とすると年間放射線量は250,080μSv。 順調に対応できればこの数字は減るはずですが、うまくいかなければ増える可能性もありますね。

この「原子力は安全だ」と主張するためのイラストに測定結果を当てはめると、こうなります。

lined5.gif

11日から22日までの被曝量もきちんと加算された数字は、いったいどの程度だったのでしょう?

     にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ にほんブログ村 環境ブログ 環境情報へ 人気ブログランキングへ

↑クリック拡散お願いいたします↑

posted by geiger at 21:19| 記録・その他